>

身体の症状からツボを押さえてみよう

体調不良に効果的なツボまとめ

足裏のツボは、ほとんど左右の足どちらを押してもかまいません。足裏を触りやすい方をマッサージしてみてください。
肩がこったと感じたら、足裏の人差し指から小指の付け根の下あたりを押してください。
肩や背中の筋肉に効果のあるツボです。
疲れ目の時は人差し指と中指を押してください。目の疲れが和らぐでしょう。
胃腸の調子が悪いときは、土踏まずのあたりを押してください。広範囲なので、押さえるというよりは、もみほぐしていきましょう。
疲れやストレスがたまって調子がよくないときは、足の指を内側に曲げたときにへこんでいるところを押しましょう。体調不良のさまざまな症状に効果があるツボです。
こういった足裏のマッサージに加えて、足全体をマッサージするのも血流がよくなって効果的です。

足裏マッサージの注意点

足裏をマッサージしてツボに刺激を与えるとき、身体の健康に関係するので、注意する点がいくつかあります。
飲酒しているとき、体調が悪い状態のとき、妊娠しているときはツボを押さないようにしてください。体調が悪化する可能性があるので注意してください。特に飲酒後は、血流がよくなるため、さらに酔いが回ってしまう可能性があります。
また、食後すぐにマッサージすることは避けましょう。食後は消化器官が活動しています。マッサージによって消化器官に負担を掛けないよう、食後30分以上経過してからマッサージするようにしてください。
ツボをマッサージするときは、平常の状態で、リラックスして行ってください。お風呂上がりなどの身体が温まった状態はおすすめです。


この記事をシェアする